スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Carnivorous Carnival

0064410129Carnivorous Carnival (Series of Unfortunate Events)
Lemony Snicket Brett Helquist
Harpercollins Childrens Books 2002-10-29

by G-Tools

シリーズ9作目。
しかし9巻の読み始めと読み終わりと比べて何か進展があったのか、と自問すると????
ずいぶん昔から同じところをぐるぐる回っているような。
作者の言うデ・ジャブ現象を味わってるのかしら。

最終巻発売まで残りの2冊は残しておこうかな…。

読みやすさレベル5.0-6.0/総語数43287語
スポンサーサイト

The Hostile Hospital

0064408663The Hostile Hospital (Series of Unfortunate Events)
Lemony Snicket Brett Helquist
Harpercollins Childrens Books 2001-09-04

by G-Tools

シリーズ8巻目にきました。しかしこの作者Lemony Snicketって何者なのー!っていうのが一番の謎になってきたかも。
そして赤ちゃんSunnyの成長ぶりがめざましいこと。
最初の方で、このSunny語が分かる部分が数箇所ありまして、私はそれにいたく感動してしまいました。彼女、赤ん坊のくせにかなり知能指数が高いと思われます。
一箇所は「Impro!」と叫ぶのですが、その後「とりあえずその場で思いついたことをやってみよう」というくだりから「Improvisation」と確信いたしました。
それから「Echinacea」は風邪の引き始めにきくハーブの服用薬のこと。図書館に本を返しちゃったので確認できませんが、ちゃんとその場では意味のあるセリフを言っていたのです。

ひらめきで分かったのはこの二つだけ。他に言っていることも謎解きのようにジッと眺めていましたが、解明できず。
でも後半では結構意味のあることをしゃべりだしていて、今後の成長が楽しみな子であります。

読みやすさレベル5.0-6.0/総語数37504語

Book the seventh

0060288906The Vile Village (Series of Unfortunate Events)
Lemony Snicket Brett Helquist
Harpercollins 2001-05

by G-Tools

「A Series of Unfortunate Events」シリーズ第7巻。
あらすじを書いてしまうと前回の謎の答えになりそうなので、ひかえておきますね。
でも全てが明らかになったわけではなく、さらに謎が積み重なってしまいました...。
次の巻先に手に入れておいてよかった。
おかげで交通機関利用の移動中はアッというまに時間を過ごさせてもらっております。

Book the sixth

0060288892The Ersatz Elevator (Series of Unfortunate Events)
Lemony Snicket Brett Helquist
Harpercollins 2001-03

by G-Tools

シリーズ6巻目。
次第にアクション・ミステリー系になってきました。
前作から引き継がれた謎がそのまま次回へ持ち越される形です。
映画ではかなりの部分謎が解明されていたのだけど、最終的には同じところにたどり着くのかしら。やっぱり気になって続けて読んでしまいそう。

このバカバカしさとワンパターンさにはまる自分を冷笑しながら、もうシリーズ中盤まで来たし、制覇するしかないでしょう。

近所の図書館では貸し出し中だったので、6巻と7巻をまとめて取り寄せてもらってました。何度も感心してますが、市内の大小あわせて99カ所の図書館、計1千万冊の本を共有できるのってやっぱりすばらしいサービスです。
サイト上で注文しておくと最寄の図書館にない場合、他の図書館から移送してくれてお知らせしてくれます。大体数日で届きます。返却はどの図書館でもOK。このシステムはカナダで一番規模が大きいらしい。
図書館大好きです!


引き取りに行った時、いつものごとくスペイン語の絵本や他の子供の本とともにどっさりカウンターへ運びました。
するとよく見かける司書のおじちゃんが「これ、意外とおもしろいんだよねー」って。
なんと彼は9巻まで読んだらしい!映画も結構面白かったよね、って話になりました。

いやあ意外だった。「このお嬢さん(って見えると自分で思ってるだけだったり)はいつも子供の本ばかり読んでるねー」って内心呆れられてるかと思いきや、なんだおじさんも!ちょっと気難しそうな人かと思いきやなんとも気さくなおじさんでありました。
ちょっとうれしくなりました。

タドキストになってみたい者として、語数もチェックしてみました。
4万6千語。よみやすさレベルは5.5だそう。ふむふむ。
4冊同時進行で読んでましたがこれが結局一番先に読み終わりました。

読書リハビリ

0064408639The Austere Academy (Series of Unfortunate Events)
Lemony Snicket Brett Helquist
Harpercollins Childrens Books 2000-07

by G-Tools

シリーズ5作目。孤児たちは寄宿学校へ送られることに。ストーリーは完全にパターン化されているだけにとても読みやすいです。
3週間英語をほとんど読んでいなかったし、よいリハビリになりました。
あとは並行してMemoires of a Geishaを読んでいます。映画を観たので、置屋の様子などが頭によみがえります。
さてエンジンがかかってきたところで、次は何を読もう!

Book the Fourth

0064407691The Miserable Mill (Series of Unfortunate Events)
Lemony Snicket Brett Helquist
Trophy Pr 2000-04-04

by G-Tools

A Series of Unfortunate Events4作目。194ページ。
3人の子供たちは今度は材木工場へ送られてしまいます。そこで赤ちゃんのSunnyまでもが労働させられることに。忍び寄るCount Olafの悪の手がまたすぐそこに。
変装したやつらが子供たちを狙っているのはすでに分かっていて、すぐ近くにいるのにも分かっているいつものパターンなのに最後まで一気に読んでしまうところがこのシリーズの魅力なんでしょうか。
相変わらずの語り口、言葉遊びや突拍子もない思い出話に苦笑しながら、気づいたら次の巻が読みたくて仕方なくなっています。

関係ないですが、このシリーズ1巻目からなぜかいつも移動中に読んでいます。軽くてほどよいコンパクトサイズ。質の良いハードカバーでページはめくりやすい。揺れる車内でも疲れない、ほどよい文字の大きさ。イラストさえ見えなければ子供の本を読んでいると一見して分からないし。移動時間をあっという間に過ごしてしまえます。
これは12巻まで一気読みかなー。

A Series of Unfortunate Events#3 The Wide Window

0064407683The Wide Window (Series of Unfortunate Events)
Lemony Snicket Brett Helquist
Harpercollins Childrens Books 2000-03

by G-Tools

さあいよいよ3巻読み終わりました。
最後まで読んで、映画では原作にはない部分が付け加えてあったことに気づきました。子供たちが孤児になってしまう、ストーリー発端の原因不明の火災にまつわる謎とか。
でも原作を読んだことのない人にも楽しめるように映画はうまく脚色されていたと思います。一冊でも読んだ人のほうがより楽しめると思いますが。
巻を重ねるごとにページ数が多くなるのでしょうか。今回は214ページでしたが、他の巻は結構ぶ厚いものがあるようですから。
本屋さんで12巻が並んでいるのを見ると、やっぱり先を読みたくなります。
プロフィール

Hazel

  • Author:Hazel
  • カナダ発 気ままな読書日記です。
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。